> タグ一覧
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...

少女革命ウテナ

                    絶対運命黙示録
                   世界を革命する力を!

『少女革命ウテナ』(しょうじょかくめいウテナ)は、1997年4月2日から同年12月24日までテレビ東京系で放送されたアニメ作品のことである。全39話。監督は幾原邦彦。アニメーション製作はJ.C.STAFFである。

=> タグ [少女革命ウテナ]

概要

アニメ界の鬼才、幾原邦彦を中心とした制作集団「ビーパパス」によって生み出された異色作である。学園モノというには余りにも現実離れした空間の「鳳学園」、舞台劇を髣髴とさせる前衛的な演出、哲学的な言い回しや謎に満ちた展開、J・A・シーザーの手掛けるアングラな楽曲といった要素が、「ウテナ的」としか言いようのない、唯一無二の作品世界を構成している。作品の根本には「少女の強い絆」というものが一貫して描かれている。
1999年には、設定を若干変更し、再構成した劇場版「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が製作・公開された。こちらでは、ウテナとアンシーの関係が友情以上のものとなったことを示唆する描写が見られる。

あらすじ(TV版)

幼い頃に助けてくれた王子様に憧れ、王子様になりたいと願うようになった少女・天上ウテナは、入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会う。アンシーは「薔薇の花嫁」と呼ばれる存在であり、彼女とエンゲージした者には「世界を革命する力」が与えられるという。ウテナは彼女を守るため、力を欲する生徒会役員(デュエリスト)たちとの決闘に挑む。そして、更にそれらの背後に潜む「世界の果て」と呼ばれる存在に迫っていくことになる・・・。

登場人物

天上ウテナ
声:川上とも子
鳳学園中等部二年。幼い頃に出逢った王子様に憧れるあまり、自身が気高い心を持った王子様になる事を誓った男装の少女。友達の若葉の為に西園寺に怒鳴り込んだ事をキッカケに、生徒会メンバー達の決闘ゲームに身を投じ、姫宮アンシーとエンゲージする事となる。

姫宮アンシー
声:渕崎ゆり子
デュエリストの勝者とエンゲージする『薔薇の花嫁』と呼ばれる存在。
決闘ゲームに勝ち抜くと彼女と「世界を革命する力」が与えられると、「世界の果て」からの手紙には書かれている、らしい。一見、従順で我が無いかの様に振る舞っているが・・・。

桐生冬芽
声:子安武人
鳳学園高等部二年。生徒会会長。プレイボーイである。デュエリストで薔薇の色は赤。「世界を革命する力」を手にする為に、色々と策略を巡らすが、次第に本心からウテナに惹かれていく。

西園寺莢一
声:草尾毅
高等部二年。剣道部主将で生徒会副会長だが、他のメンバーからは『道化』呼ばわりされている。男尊女卑で単純な性格をしている。「永遠のもの」に憧れ、決闘ゲームに参加する。

有栖川樹璃
声:三石琴乃
高等部一年。フェンシング部部長代行。髪を縦巻きロールにしている。親友の高槻枝織を密かに意識し、彼女の写真をペンダントに入れている。「奇跡の力」を否定しながらも、同時に強く欲している。ウテナとは二回決闘しているが、二度ともイレギュラーな事態により敗北している。

薫幹
声:久川綾
中等部一年。13歳にして大学のカリキュラムを受ける秀才である。素直で人当たりの良い性格から、生徒会メンバーで唯一ウテナたちと良好な関係を築いている。幼い頃に双子の妹に感じていた「輝くもの」をアンシーから感じ取り、決闘に参加する。

桐生七実
声:白鳥由里
冬芽の妹。13歳で中等部一年。気が強く高飛車。非常にプライドの高い性格で、なかなか素直になれないが、心優しい一面も持っている。絶対的な存在である兄に近づく女は誰であろうと許せず、ウテナとアンシーを目の敵にするが、嫌がらせを仕掛けるたびに酷い災難に遭う。本作品のギャグを担当しているともいえる。
実は彼女も・・・。
 
御影草時
声:緑川光
御影ゼミ(通称黒薔薇会)を主宰する天才。自らもデュエリストの一人だが、生徒会メンバーたちの心の闇を解放させ、言葉巧みに誘導し、黒薔薇のデュエリストに仕立て上げた。その肉体には秘密がある。

千唾馬宮
声:川村万梨阿
御影の傍らにいる美少年。不治の病を患っており、余命いくばくもないとされていたが・・・。

篠原若葉
声:今井由香
ウテナの親友でクラスメイト。
明るく優しい子であるが、アンシーには複雑な感情を抱いている。

鳳暁生
声:小杉十郎太
鳳学園理事長代行。アンシーの兄。
実は・・・。

チュチュ
声:こおろぎさとみ
アンシーのペット。アンシー曰く友達。耳の大きな猿に似た外見である。作劇上では、アンシーの心情を表現するメタファーとしての役割がある。西園寺の事が嫌いだが、入れ替わってしまったことがある。入れ替わりの回は作中でも屈指のカオス回(ギャグ的な意味で)である。ちなみに「オス」である。

影絵少女
それぞれ、川村万梨阿、こおろぎさとみ、渡辺久美子が声を担当している。「かしら、かしら、ご存じかしら」というセリフから始まる、不可思議な影絵芝居を繰り広げる謎の存在。ある意味、この作品のカラーを体現していると言える。

関連項目

外部リンク

スターチャイルド内公式 http://www.starchild.co.jp/special/utena/