> タグ一覧
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...

少女セクト

『少女セクト』(しょうじょセクト)は、玄鉄絢作の漫画作品。成人向け漫画雑誌『コミックックメガストア』2003年8月号から2005年8月号まで隔月掲載された。インターネット上で高い評価を得て、ヒットにつながったというめずらしい売れ方をした作品でもある。また、2008年にOADがリリースされている。(全3巻)ストーリーは基本的に、原作のエピソードをなぞっているが、原作未読者などに配慮した再構成がなされている。
 

=> タグ [少女セクト]

内容

良家の子女が集う籠目女子学校の風紀委員会に所属する内藤桃子は、明るく面倒見が良い優等生。女の子同士のカップルの成立を手伝ってしまうこともある。そんな彼女はやがて、学校一の“プレイガール”藩田思信を意識するようになる。美少女と見るや見境なく手を出す思信に呆れつつも、桃子は時折、思信の核心を突くような言葉に考えさせられるのであった。ある日、桃子は思信から突然の告白を受けるが逃げるように思信の元から去る。桃子もまた思信に惹かれていたが、まだ自分の気持ちに整理が付かず思い悩むばかりか、親しく接してきた担任の女性教諭・隼砥教子と関係を持ってしまう。しかし、教子は病気のために桃子の元から去っていく。
心の拠り所を失い、一人傷心のまま取り残された桃子の中で、思信に対する思いは次第に募っていく。そして、桃子は意外な形で自分の思信に対する思いの強さを実感することになる。
 

登場人物

内藤 桃子(ないとう ももこ)
籠目女子学校風紀委員。母子家庭の出身だが、母は会社社長なので、経済的には恵まれている。真面目な性格で人当たりが良く、頭の回転も速いが、喧嘩っ早い。女の子同士の恋愛にも偏見を持っていない。そのため、校内にはファンは多い。自分とは対照的に子どもっぽい性格の教子との付き合いが深まるが、思信にはどこか警戒気味。シニヨンヘアーがトレードマーク。見掛けによらずかなりの大食い。
 
藩田 思信(はんだ しのぶ)
桃子の同級生。自分を崇拝する美少女達に手当たり次第に手を出しまくっているが、曰く「来る者は拒まず」。本来、奨学金を得ている私生児のための寮となっている家に自分の崇拝者と共に住み、一種のハーレムを形成している。尊大で余裕があるように振舞っているが、本来は繊細な性格で。身長169cm。第一話の時点で高等部2年生。
 
諏訪部 麒麟(すわべ きりん)
思信の同級生で側近。思信の崇拝者であり、良き理解者でもあり、恋人でもある。思信の召使のような振る舞いもしている。秀才で学校の成績は抜群。肌が黒く、趣味で額にビンディを着けているが、生粋の日本人。身長167cm。第一話の時点で高等部2年生。思信と桃子の件の事件以降は髪を切っている。
 
燕条寺 真弥(えんじょうじ まや)
思信の同級生で側近。思信が寝ている時にキスしたことをゆすられて彼女の召使となり、同棲することになる。
 
吉岡 柴(よしおか まつり)
麒麟の後輩で同寮生。真面目で健気で良妻気質。麒麟に対しては甘えん坊で構ってもらうべく、色々と困らせていた。7話で麒麟と一線を越えた後は麒麟の所有物的存在となり、思信たちのグループの一員となる。
 
隼砥 教子(はやと きょうこ)
桃子の担任でのち恋人。担当教科は数学。小さい時のある経験が原因で、同性しか愛せなくなる。かなり子どもっぽい性格で、対照的にしっかり者の桃子と交際するが、病気のため入院。第一話の時点で27歳。
 
大神 小百合(おおかみ さゆり)
思信の先輩。思信を手に入れようと卑劣な策略を巡らす。出番は少ないが、ストーリー展開上非常に重要な役割を果たす。第一話の時点で高等部3年生。
 

関連項目

Light Weight Lo-Tek Journal(作者の公式サイト)(2008.03.17~)http://www.lo-tek.info/