> タグ一覧
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...

百合こみゅ! > 百合百科事典 > 作品(アニメ) > ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズとは島田フミカネ氏原作、角川書店企画のメディアミックス作品。小説、漫画、アニメ、ラジオ等々で展開されている。

=> タグ [ストライクウィッチーズ]

概要

地球とよく似ているが、魔力が存在する世界で、謎の敵「ネウロイ」と戦う力を持つ魔女「ウィッチ」たちの活躍を描く、ミリタリーテイスト溢れる作品。
もともとは、雑誌「コンプエース」において島田フミカネ氏が連載していたコラムが発端である。同人ショップ「とらのあな」限定でODAが発売されたが、同じく島田氏の同様の企画「スカイガールズ」が先にアニメ化されたため、時期がずれ込む形となり、テレビアニメ版は、GONZO制作で、2008年7月より、独立UHF系で放送された。2010年7月~9月には第二期「ストライクウィッチーズ2」が放送され、2012年3月には劇場版が公開された。

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」という名言の通り、キャラクターの下はどう見てもパ○ツにしか見えないが、これはズボンである。だから恥ずかしくないのである。これは、製作にあたってキャラデザを見た高村和宏監督が、説得力のある(?)設定として考えたものである。

実在した第二次大戦のエースパイロット達をモチーフにした美少女キャラが特徴。服装なども、各パイロットの所属していた国軍の制服を再現している。使用兵器や脚部に装着する「ストライカーユニット」も第二次大戦当時の兵器を再現、またはモチーフにしている。主人公の所属する部隊はほとんどが女性ということもあり、百合的にも見ごたえのあるカップリングが多い。それぞれのキャラにカップリングが見られるので、お気に入りのキャラを探してみるのもいいかもしれない。

あらすじ

地球によく似た別の世界のお話。1944年、欧州は異形の怪物「ネウロイ」に大半を占領されていた。各国首脳はこの状況を打破する為に連合軍を結成。ストライカーユニットと呼ばれる飛行ユニットを操るウィッチ(魔女)によって構成される部隊、第501統合戦闘航空団―通称『ストライクウィッチーズ』を編成した。
扶桑皇国に住む宮藤芳佳は行方不明だった父親の知り合いと言う扶桑海軍エース・坂本美緒にウィッチとしての才能を認められ、第501統合戦闘航空団に勧誘される。

登場人物

宮藤芳佳 
声:福圓美里
扶桑皇国(モデルは日本)出身。
元ネタは「空の宮本武蔵」こと旧日本海軍航空隊のエース、武藤金義。
本編の主人公である。ストライカーユニット開発者を父に持つ。
素朴で天真爛漫な性格であり、誰とでもすぐに打ち解けることができる。
固有魔法は「治癒魔法」であり、宮藤家の血統として魔力の減衰が起こらない。
この能力は作品が進むにつれ、更に強化されている。 
おっぱい星人である。おっぱいのことになると表情が実にだらしなくなる。

坂本美緒
声:千葉紗子(1期)→世戸さおり(2期)
扶桑皇国出身。元ネタは「大空のサムライ」著者としても有名な帝国海軍パイロット、坂井三郎。
ネットでの愛称は「もっさん」。芳佳と同じ部隊所属の上官。開戦以来、数多くの戦いを経てきたベテランである。指揮官として、また、教官として宮藤に接する。眼帯の下は本物の魔眼で、視覚の強化・透視ができる。
高笑いが特徴の、竹を割ったような豪放磊落な扶桑軍人。はっはっはっ!

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ
声:田中理恵
カールスラント(モデルはドイツ)出身。
元ネタは「フュルスト(公爵)」こと旧ドイツ空軍のヴォルフ・ディートリッヒ・ヴィルケ 。
固有魔法は「空間把握」。特定区域内の敵や味方の位置や数、形態の把握が可能。
戦前から戦うベテラン。大人びた理知的な性格で501をまとめる。
祖国や大切な人を失ったり、音楽の道を捨ててまで戦うなど、何気に過酷な設定のウィッチ。
坂本美緒とは指揮官同士ということもあり、ふたりの絆は強い。
尻で200機撃墜を達成し、勲章をもらった。

リネット・ビショップ
声:名塚佳織
ブリタニア(モデルはイギリス)出身だが、他キャラと違い、明確なパイロットのモチーフは示されていない。
固有魔法は、弾丸に多くの魔力を帯びさせ、威力、貫通力、有効射程を大幅に強化する「射撃強化」。
ウィッチを多く輩出したブリタニアの名家、ビショップ家の出身。
胸が大きい。つまり、頻繁に宮藤のおっぱい星人の餌食になる。
穏やかな性格で、周囲への気配りもできる女の子だが、描写の齟齬からファンの間では「黒リーネ」という二次設定が存在する。

ペリーヌ・クロステルマン
声:沢城みゆき
ガリア(モデルはフランス)出身。元ネタは、第二次大戦時のフランス軍エース、ピエール・クロステルマン。
固有魔法は「雷撃」。魔力を雷撃に変換して放出する。
元は欧州ガリアの貴族の子女だったが、ネウロイとの戦いにより目の前で家族と全財産を失い無一文に。
自由ガリア空軍を経て、501に入隊する。
いつも気位が高そうな、ツンツンした性格をしているが、ガリア復興に賭ける情熱は本物。
自由ガリア時代、前線に出られず焦燥していた時期に、自分を501にスカウトした坂本美緒のことが大好き。

エーリカ・ハルトマン
声:野川さくら
カールスラント出身。固有魔法は「疾風(シュトゥルム)」。大気を操って、自身の周囲に嵐を発生させる。
ボーイッシュな外見の女の子。双子で妹のウルスラはカールスラント空軍第3防衛飛行中隊所属のウイッチ。
元ネタは「黒い悪魔」の異名を持つ「史上最多撃墜王」、エーリッヒ・アルフレート・ハルトマン大尉。
空では天才だが、地上ではズボラ。部屋はいつも散らかっていて足の踏み場もない。
飄々とした性格だが、戦場では「自身も仲間も全員生還させて勝つ」という信念を秘めており、周囲へのフォローもさり気なく行えるため、皆から好かれている。

ゲルトルート・バルクホルン
声:園崎未恵
カールスラント出身の大ベテラン。撃墜数250機で、人類第一位。
固有魔法は「筋力強化」。機関銃二丁撃ちもこの能力があればこそ。
元ネタは「史上最多撃墜数第二位」のゲルハルト・バルクホルン大尉。
かつて故郷を喪い、妹のクリスも守りきれなかった自責の念から、無謀とも思える戦いを繰り返していた。クリスに似た雰囲気を持つ宮藤と出会ったことで混乱してしまい、そのせいで戦場で瀕死の重傷を負ってしまう。
その際に、宮藤やミーナから叱責と励ましをうけ、自分の戦う理由を取り戻していく。
以後、回復したクリスに対して、今までの厳格な軍人というイメージを覆すほどの「妹バカ」っぷりを見せたため、視聴者からは「お姉ちゃん」の愛称が付けられた。

フランチェスカ・ルッキーニ
声:斎藤千和
ロマーニャ(モデルはイタリア)出身。
部隊最年少。歳相応に子供らしい性格で、物事について思ったことをはっきり言う。501内のトラブルメーカー的存在。固有魔法は「光熱」。魔力を熱エネルギーに変換し前面に展開、接触させることで対象を破壊する攻撃魔法。
元ネタは旧イタリア空軍のパイロット、フランコ・ルッキーニ。
シャーロットによく懐いている。 
 
シャーロット・E・イェーガー
声:小清水亜美
リベリオン合衆国(モデルはアメリカ)出身の、作中最大の爆乳。
元ネタは、人類初の水平音速飛行を成し遂げたパイロット、チャック・イェーガー。
固有魔法は「超加速」。自身を加速させる念動系魔法。自身が整備した魔導エンジンとの併用で音速も突破した。
元々はバイクレーサーだったが、ストライカーユニットで空を駆けるウィッチの噂を聞いて、更なるスピードの世界を求めて軍に志願した。
細かいことにはこだわらない、おおらかな性格。ルッキーニにいちばん懐かれており、良いコンビとなっている。
空だけでなく、陸でもスピード狂である。

サーニャ・V・リトヴャク
声:門脇舞以
オラーシャ帝国(モデルはロシア)出身。
音楽家の家庭に生まれ、父親の薦めで、ウィーンにて音楽の勉強をしていた。両親はネウロイの攻撃から逃れるために疎開したが、故郷は陥落し、両親とは音信不通になってしまう。いつか故郷に戻って両親を探しに行こうと思っている。
固有魔法は「魔導針」。魔力で形成されたアンテナによる超広範囲索敵。暗所や雲の中の敵位置を把握できる。
夜間哨戒担当のため501メンバーとの繋がりが薄く、引っ込み思案な性格もあってなかなかコミュニケーションできなかったが、とある任務で宮藤、エイラとタッグを組んだあたりから、501とのメンバーとも交流を深めていく。
白い肌に華奢な体、大人しい性格と、儚い印象もあって、登場頻度の割に人気が高い。
元ネタはソ連の撃墜「女王」で、「白百合」の異名を持つリディア・V・リトヴァク。

エイラ・イルマタル・ユーティライネン
声:大橋歩夕(仲井絵里香から芸名変更)
スオムス(モデルはフィンランド)出身。スオムス空軍が義勇軍派遣の礼として501に派遣した。
固有魔法は「未来予知」。極めて近未来の相手の行動・位置等を予測可能。
元ネタは「無傷の撃墜王」エイノ・イルマリ・ユーティライネン。
サーニャのことが大好き。百合好きにはエイラーニャという組み合わせが有名。
棒読み台詞が特徴的だが、これは演技力の話ではなく、「エイラの掴みどころのない性格を表現したい」という演出上の意図で、あえて棒読みにしている。いわゆるうまい棒。
エイラの誕生日(2月21日)には、在日フィンランド大使館の広報から、お祝いのツイッターが送られた。
顔の前で腕を交差させてバッテンをするシーンがあるが、それにちなんで、エイラの顔文字というものがある。抑揚の乏しい口調を再現した半角カタカナの台詞と共に、ファンのコメントなどで頻出する。
こんな感じ→ ムリダナ(・×・)

関連項目


外部リンク

ストライクウィッチーズ(1期)公式サイトhttp://s-witch.cute.or.jp/first/

ストライクウィッチーズ2 公式サイトhttp://s-witch.cute.or.jp/pc/

ストライクウィッチーズ劇場版 公式サイトhttp://s-witch.cute.or.jp/movie/