> タグ一覧
はてなブックマークに追加 ... ツイート ... いいね ...

百合こみゅ! > 作品・商品感想 > はやて×ブレード 11 (ヤングジャンプコミックス)

作品検索

はやて×ブレード 11 (ヤングジャンプコミックス)

著者:林家 志弦 2009-10-19 集英社
 amazon新品:¥ 648  amazon中古:¥ 1

amazonの詳細ページ amazonショッピングカートに入れる

2013/07/20 15:52
綾那とのコンビ解散危機に狼狽するはやてを弟子として迎えたのは、卒業を控えた剣待生、柳生真だった。卒業生送別会という名の剣待生バトルロイヤル“大乱奪り”開始がひつぎによって宣言され、皆が各々の腕を奮う中、はやてはただひとり、柳生の側に付く。一方綾那も、ナギに気後れしてばかりのはやてに活を入れるべく、暴走気味に前進を続けていた!

キャラの多い漫画ではありますが、今回は“みんなちゃんと覚えているかな?”と言わんばかりの総出演状態です。バトルロイヤルという舞台の都合上……という数合わせだけで終わらせることなく、どのキャラもそれぞれの場面を面白くするだけのセリフや演出を与えられています。キャラを使い捨てにするようなことをしない作者の上手さが光ります。
綾那は今回はやて以上に暴走し、空回りしますが、それが綾那の人間的成長を感じられる良い演出になっているのが面白い。時折ふと冷静になって今までの自分を振り返るシーンがさりげなく挟まれるので、適度に息抜きしつつ綾那の心境の変化を楽しむことができます。
順は相変わらずのエロ忍者っぷりです。“3ぴ”は至言。大乱奪り序盤の桃香×五十鈴のやり取りも、相棒百合っぽさを感じられて良かったです。そして巻末、更にはオマケ漫画までも完全に支配する会長の存在感が圧倒的です(ギャグ方面で)。
お話の方は少しずつ前に進んでいる感じ。チラチラと今後の展開に重要になりそうなキャラも登場して、適度に先が気になる巻でした。

このレビューの評価 0 円 0 回 ドネーションをするには、ログインしてください 百合こみゅドネーション

感想を投稿

投稿者名
ログインする
コメント(必須)

おとなり作品